ライスで

ひねもすのたりのたりかな

20190223日記

いざ何か書こうとすると何も書けなくなる。

でも人生の岐路に来ているから、記録も残したい。

 

最近は専らインスタの勉強アカを見てて、すごく刺激を受ける。

好きなのは#ママの勉強垢とか。

時間を作り出すのって大変だね。

 

Bluetoothのキーボード買って快適なんだ。ただ少しうるさい。

メモ

家庭教育はすべての教育の出発点です。家庭がそれぞれ異なるように、家庭教育もそれぞれ異なるはず。だから親同士も交流したり、学び合いながら自身の家庭教育を振り返る必要がある。だけど、家庭教育が格差を助長してしまっている。(ここで言う家庭教育の定義しっかり)

自分はつくづく風の星座なのだと思う。

いま連絡をとりあったり、何か始めることを決めたり、自分の周りに風を感じる。

動き出したみたいで心地よいのだ。

大して占星術を知らないのだけど、去年くらいから少し興味があって何冊か読んだ。

そのうち、感想もまとめたい。

「びじゅチューン!」

最近ずっと「びじゅチューン!」のDVDを見てる。あまりに好きすぎてCDもポチったけど、やっぱりアニメーションと解説がある、DVD最高!

子供も、ラーメン食べるとムンクの真似するし、イヤイヤ期もヴィーナス委員長に対する「ダメダメー」なかんじで、「ごめんね」もユニコーンがついてる。彼のお気に入りはたぶん武蔵。楊枝2本持って二刀流してる。

くせになる。

私が好きなのは、「富士御神火文黒黄羅紗陣羽織」(やっと言えるようになった)と「ナルキッソス」かな。

表現

子供番組は歌と踊りが基本だ。

子供も教えられたわけでもないのに、自然と歌い、踊るから不思議だ。とても原始的な、根本的な表現方法なのではないかと思う。

 

楽譜にもない、書物にもない、ただ音を楽しむような彼自身の表現

 

天照が岩戸から覗いたように

歌い踊ること

文字を待つ前のユーカラのように

口承すること

 

そんなことを思い出す。

 

表現手段を多く持つことは、ある種、心の豊かさなのではないかと思う。あいにく、芸術的センスを持たず大人になってしまったが。自分の「嬉しい」や「悲しい」を伝える手段は、書くことや話すことだけではない。描いたり、奏でたり、口ずさんだり。

子供には心を解放する楽しさも伝えたい。

自己紹介(20180118)

学習欲が高めのアラサーです。

 

夫と2人の子どもの4人家族で、東京近郊に住んでいます。

割と安定的な仕事に就いるのですが、仕事を辞めて大学院に行きたいと考えています。

新しい生き方を模索し記録するため、またアウトプットの練習も兼ねて、ブログを書いています。

今年もよろしくお願いします

今年はもう少しブログを書きたいな

 

家族が増えたのに変えてないプロフィールから書き変えなくちゃ

 

下書きばかり増えていく