ライスで

ひねもすのたりのたりかな

すべて砂糖で煮詰めるの

母は「ジャムおばさん」で、庭先の果実をとってはよく煮詰めています。時期によっては毎晩キッチンに立ち、家事をしながら焦げ付かないようにと鍋をかき回しているのです。

家で作ったジャムは防腐剤も入れず、果実と砂糖の甘さのみ。定番のイチゴに、少し酸っぱいあんず、真夏の収穫が大変なブルーベリーに、綺麗なオレンジ色のびわ、冬の柚子は甘みをおさえた大人の味です。

結婚する前は、私も興味本位で手伝い、鍋をかき回しました。夜、グツグツ煮えたぎる鍋を見つめていると、自分のドロドロした思いも溶けていくような感じさえします。

それでいて全て甘くなるのだから。

 

結婚して、子供も産まれ、鍋をかき回す時間が惜しい今では、母のジャム作りを手伝うこともなく、ただ出来上がって瓶に詰められたジャムをもらうだけです。

母は仕事を辞め、昔より時間もあるようで、煮詰める時間が惜しくないと言います。

 

それを聞いて、私は時間の使い方を羨ましく思うのでした。

私の好きな本「どんなにきみがすきだかあててごらん」

チビウサギとデカウザギが、どんなに相手を思っているか身体を使って、頭を使って表現し合います。

好きの量なんて定規やビーカーで測れないからこそ、いろいろな方法で伝えられる。

その一生懸命さが最高に愛おしくて、私も好きな人に愛を伝えようと思わせてくれます。

親子だけでなく、家族でも、友人でもこーーんなに愛してるって言いたくなるのです。

 

どんなにきみがすきだかあててごらん (児童図書館・絵本の部屋)

どんなにきみがすきだかあててごらん (児童図書館・絵本の部屋)

 

 

英語版もオススメ

 

どんなにきみがすきだかあててごらん(英語版) (R.I.C Story Chest)

どんなにきみがすきだかあててごらん(英語版) (R.I.C Story Chest)

 

 

 

私の好きな本「不思議の国のアリス」

「アリス右足様 アリスより愛を込めて」

身体が大きくなりすぎたアリスは、遠くへ行ってしまった自分の足のために、プレゼントを贈りご機嫌をとることで、行きたい方向へ歩いてもらう方法を考えます。ユーモアたっぷり!

自分の「なぜ?」を大切にするアリスが、プリンセスよりずっと好き!

 

子どもの頃からそうでした。

「収集力」も相俟って、アリスをめぐる書籍の購入もかなりのものです。

お気に入りは『オリジナル不思議の国のアリス』(原作『地下の国のアリス』)

 

 

 

不思議の国のアリス・オリジナル

不思議の国のアリス・オリジナル

 

 

それから草間弥生さん作『不思議の国のアリス

 

 

不思議の国のアリスWith artwork by 草間彌生

不思議の国のアリスWith artwork by 草間彌生

 

 

これは装丁がお気に入りです。

 

衝撃的なのは 

『アリスへの不思議な手紙』

 

 

 

アリスへの不思議な手紙―ルイス・キャロル珠玉のメルヘン

アリスへの不思議な手紙―ルイス・キャロル珠玉のメルヘン

 

 

 たくさんの手紙からルイスキャロル(ドジソン)の人柄が読み取れます。(中学生の私には少し重かった…)

 

自分らしさとの戦い

なぜ、自分を高めようと思うのでしょうか。

ブームともとれる、自己啓発産業(コーチング、カウンセリング、コンサル等)はなぜ起こっているのでしょうか。

 

もちろん私もあります。

いろいろな講座にも参加しました。

女性の向上心が「自分らしさ」を獲得できているかどうかに向いていること。

とても不思議です。

最近はそんなところに興味があります。

 

サロン【Myコンパス】岩橋ひかりさんのサロンに参加しました

体験セッションを通して、特に悩みもなくなりましたが、せっかくの機会ですので岩橋ひかりさんのサロンに参加してきました。継続コースでないからこそ、このようなサロンに参加することを自分の刺激にしようと思ったためです。

 

今回の会場はAMAN東京!!

f:id:rayisu:20160830225907j:image

 

参加された皆様、本当にすてきな方ばかりでした。自分の夢を語っても、みんな受け止めてくれる環境に身を置くことが、こんなに気持ちいいとは!

現実世界で「仕事辞めます」と言うと、必ず「もったいない」と言われます。本当にそうだと思いますし、「そうですね」としかお答えできませんが、その度に自分を否定されたようなモヤモヤした気分になります。サロンでは、みんながみんな自然と応援し合え、たくさんのやる気と刺激をいただきました。

自分の目的地や、どうやってそこまで行くかが決まれば、自然とやる気にあふれる方もいるのでしょうし、できないのであれば、本気でないだけと思われる方もいるかもしれません。でも、仕事や家事、育児などの日常茶飯事に追われ、私はなかなか思うようにできませんでした。コーチング等を必要とするほどではないけれど、自分の力だけでは燃料不足になる。だからこそ、このようなサロンが今の自分にも合っていました。

 

今回のサロンを通して、以下のことを学びました。

  • 定期的に刺激し合える仲間と会う
  • 定期的に刺激を受ける環境に身を置く
  • アウトプットして行動にうつす

これが、今の自分に必要なことだと思いました。

やみくもに講座を受けると、講座ジプシーなどと揶揄されますが、刺激を受けることが目的なら、それもいいのかもしれません。季節ごとのカンフル注射みたいに。その刺激を受けたままにせず、自分の行動に落とし込んでいくことがもちろん大切だと思います。

岩橋さんのサロンに参加することは、私にとってご褒美のような感覚でしたが、会場も参加者もお料理も全て洗練されていて、本当に素敵な時間を過ごせました。

岩橋さんがコーディネートされるサロンにこれからも大注目です!! 

 

講座を受けた後何をしていますか?

講座やセミナー、セッション、サロン、お茶会、教室などを受講した後、何をされますか?

「学び」への関心が高くても、予習に復習は面倒だったりします。私は育休中から、振り返りの方法を変えました。

 

続きを読む

講座【Myコンパス】岩橋ひかりさん体験セッションの感想

岩橋さんとの体験セッションは、日曜日の朝早くからホテルのカフェで行われました。

「ブログの中の人に会える!」

ブログやSNSなどを通じて講座を申し込むのは初めてではありませんでしたが、ドキドキしながら、とても早く待ち合わせの駅に着いてしまいました。

続きを読む