ライスで

ひねもすのたりのたりかな

私にとってブログとは?

アウトプットの場にしたいと思っても、どんなふうに書きたいのか、決められていない。

 

口語体?文語体?

誰に対して?

どんな長さで?

どんな話を?

日記?記録?エッセイ?

 

私にとっては集客ツールでもないし、一貫してなくてもいいのかな。  

描いていくうちに変化していくのが、ブログの面白いところだと思う。

そう言えば、一時期「汚部屋」ブログを読むことにハマっていた。読み進めるうちに、部屋がどんどん綺麗になっていく様を、その場にいる目撃者のように読めるところに爽快感があった。書いている人たちもだんだんと明るくなっていくようで、読者としてずいぶんやる気と元気をもらったものだった。

 

何かを表現することを楽しむには、露出を楽しめるような、ある種の「露悪狂」の感性が必要なのではと感じる。私は私の何を書きたいのか。