ライスで

ひねもすのたりのたりかな

表現

子供番組は歌と踊りが基本だ。

子供も教えられたわけでもないのに、自然と歌い、踊るから不思議だ。とても原始的な、根本的な表現方法なのではないかと思う。

 

楽譜にもない、書物にもない、ただ音を楽しむような彼自身の表現

 

天照が岩戸から覗いたように

歌い踊ること

文字を待つ前のユーカラのように

口承すること

 

そんなことを思い出す。

 

表現手段を多く持つことは、ある種、心の豊かさなのではないかと思う。あいにく、芸術的センスを持たず大人になってしまったが。自分の「嬉しい」や「悲しい」を伝える手段は、書くことや話すことだけではない。描いたり、奏でたり、口ずさんだり。

子供には心を解放する楽しさも伝えたい。